綿、麻など天然素材で作った生地は、どんなシチュエーションや
他のインテリアにも馴染みお部屋にあるだけでほっと一息つける、
そんなあたたかさを持っています。
加藤綿行では化学薬品を使わず製造していますので
赤ちゃんやお肌の弱い女性の方などにも
安心して使用して頂くことができます。

自然素材のもつ温かい色合いや触り心地は
他の素材では味わえないプレミアム感があります。
STEP 1 混綿
表示通りの混率になるように綿わたとポリエステル綿を配合します。
抜き打ちで混用率の検査を行うなど正確に混ぜ合わさってるかを検証しています。
STEP 2 製綿
カード機へと押し込まれた綿は細かな刃により繊維の方向を整えられレイヤーに送られます。
次に、レイヤーから出てきた綿はラチスの上で往復し、何層にも重ねながらコンベアーが動くことで重量の調整を行います。
STEP 3 綿取り
綿の重ね具合、巻き取りなど生産する商品により、綿どりの方法を変えます。
STEP 4 綿入れ
計量され規定量の綿を綿入機の板の上に乗せ、側生地がセットされた筒の中へと綿が移動します。
STEP 5 綿入れ口縫製
検品・検査チェックポイント:表地と裏地とを縫い合わせます。
綿が飛び出さないようにかつ、不均等にならないように注意します。
STEP 6 中綴じ
主な使用備品:中綴じミシン
座布団の中心部に綴じがくるように正しい位置へ座布団を置く。
STEP 7 中綴じ仕上げ
中綴じが中心になっているか、糸が絡んでいないか、本数は規定通りかを確認しながら結んでいきます。
STEP 8 房付け
房の取り付け位置を確認しながら房糸本数、色の確認もしながら取り付けをしていきます。
加藤綿行ではこれまで多くのOEM商品の開発に携わってきました。
その多くの経験値からお客様へ自信をもってご提案をすることができます。
オリジナルの座布団や寝具などの企画、製造、納品まで一貫してお受けいたします。
・素材にこだわった風合いの良い生地。
・赤ちゃんやお肌の弱い方にも安心の自然素材。
・生産数量、納期、価格等のご要望に応えいたします。

お客様のご要望をヒアリング

サンプルを使って製品イメージを具体化

製品サンプル作成(必要であれば)

製品化計画(数量、納期、価格等)を確定

生産開始

納品

・寝具(敷きパッド)
・ホームアクセサリー(クッション、座布団)
・ベッドリネン(タオルケット、ベッドカバー等)
© KATOHMENKOH Allrights reserved.